生活の変化に合わせて働けるから。 生活の変化に合わせて働けるから。

銀のさら・釜寅・すし上等 赤羽店

K さん

勤続10年 アルバイト 調理補助担当

楽しく、まじめに?
仕事をしています

結婚する前は飲食店や歯科医院で仕事をしていましたが、20代で結婚してからは専業主婦でした。子供が幼稚園に入って少し手が離れた寂しさもあり、家事をしながら働けるところを探しました。求人情報を見て最初に目についた、銀のさら赤羽店の求人に応募したのは30代です。こういった調理の仕事は初めてで、不安もありました。

面接の時に当時の店長から「若い人が多いけど大丈夫?」と言われて「大丈夫です!」と言ったものの、実はコミュニケーションに戸惑っていました。でもそのうちお互いに慣れていき、今はみんなに“おばちゃん”ネタでからかわれながらも、声を掛け合って仕事をしています。雰囲気は楽しく仲良く、仕事はまじめにやる、という感じです。

私の仕事はメイクと呼ばれる調理補助がメインで、昼間は私ともう一人の主婦、または店長か副店長の二人でやります。ご飯を炊いたり、玉子やきゅうりを切ったり、寿司ネタのグラムを量ったり、お寿司を握れる状態にしておきます。他には釜めしの食材の準備もあります。注文が多くなる週末分の仕込みも仕事です。

調理台を清潔に保つのも大切なお仕事

調理台を清潔に保つのも大切なお仕事

盛付けには
とても気を遣います

仕事で最も気を遣うのは盛付けです。バイクで配達しますから、お寿司がずれたり傾いたりしないように心がけています。軍艦巻きは特に崩れやすいので、倒れないようにお寿司の配置を変えることも多々あります。それから「メニューの写真と違う」とお客様をがっかりさせないように、見た目も気にしながら作っていきます。何かあって嫌な思いをするのは、お客様と仲間の配達スタッフなので。年末年始はお客様の注文が多いので、滅多にない量のお寿司を作ることになり、時間との勝負になります。そういう時に求められるということは、お店に頼られているというのもあって、私にとってうれしいことなんです。子供が小さい時は家のことが忙しく、お休みさせてもらいましたが、高校生くらいになってからは毎年出勤しています。年末年始に銀のさらで働くのが私や家族にとっていつの間にか当たり前になりました。最初は私が働きに行くことに夫はいい顔をしませんでしたが、今は家族全員で仕事に協力してくれています。

お寿司が動かないよう美しくかつ慎重に

お寿司が動かないよう美しくかつ慎重に

子供の成長とともに
働き方も変化

子供が小学校、中学校、高校と成長するにつれ、働き方は変わっていきました。週に2、3日が4、5日になり、一日2、3時間が4、5時間に、と時間が長くなりました。子供の成長で生活のリズムが変わった時にも、赤羽店ではその時期に合わせた働き方をさせてくれたんです。子供の習い事の付き添いがある時期、学校の行事が多い時期など、融通を利かせてもらえて助かりました。子供が小さい頃は急病で休む日もありましたが、そんな時も「お大事にしてください」と快くシフトを代わってもらえました。その時その時の生活リズムに合わせた働き方ができたのは長くいられた大きな理由です。調理補助の仕事が忙しい時にはデリバリーの人が助けてくれることもあります。もちろん私が調理補助以外の仕事を手伝うこともあります。銀のさらでは、調理補助とデリバリー、両方の仕事ができるように従業員を育ててくれているんです。

赤羽店には長く働いている人が本当に多いです。10代の時バイトをしていて、赤羽店のもとスタッフと結婚し、子供を産んでカムバックした人もいます。多分、居心地がいいからですね。

アルバイト仲間に世代の壁はありません

アルバイト仲間に世代の壁はありません

生活のリズムに合わせて
仕事が可能です

朝は5時頃起きて、お弁当や朝ご飯を作って、子供たちを送り出したら洗濯、掃除などをして10時に出勤します。15時に終わり、夕飯づくりなどをして家族を待つのが一日のタイムスケジュールです。家事を済ませて行けるのは主婦にとってありがたいです。銀のさらや釜寅のメニューを真似て、夕飯に活かすこともあります。

店長がスキルに合わせた仕事を割り振ってくれているので、できない仕事はありません。わからない時は何度でも聞き、マニュアルも役立てています。

今は責任のある仕事を任せてもらっているので、そこにやりがいを感じます。新メニューが出たら、それに合わせて新しい仕事があるので覚えるのは大変ですが、それが刺激にもなっています。仕事自体は慣れればそんなに難しくはなく、主婦をやっている人ならできる仕事です。ただ電話で注文を受けたり、デリバリーの人たちに声をかけて送り出すのも大切な仕事なので、元気に挨拶ができる方がいいと思います。仕事をしたい意欲のある主婦の方なら、融通は利きますので、ぜひ応募してください。

顔が見えない注文電話こそ笑顔で対応

顔が見えない注文電話こそ笑顔で対応

ページの先頭へ戻る